banner

ビジネス界も注目「内田俊一郎」について。

先の東日本で発生した大震災以降、世間の中では「できるだけ早く脱原発を実現した方が良い」と考える人の割合が急激に高まったのは言うまでもありません。
そういった状況の中で火力や原子力に頼らない「クリーンエネルギー」に対する世間の関心も急激に高まっている訳ですが、中でも『内田俊一郎』という人物が社長を務める「ロハスホールディングス株式会社」は、近年太陽光発電事業を大々的に手掛けており、ごく短期間で会社の規模を急激に拡大している事から単にエネルギー業界だけでなく、ビジネス界からもニューリーダーが出現したと注目を集めています。
ちなみに何故彼が太陽光発電事業を手掛けるようになったのかといえば、クリーンエネルギー事業こそが「日本に残された最後の成長産業」と考え、そこで自分が一体どこまでできるのかを試してみたかったからなんだそうです。
そんな彼の好きな言葉は「諦めない奴の頭上に奇跡は落ちる」という事ですから、あと数年後にはロハスホールディングス株式会社がプロ野球球団を買収できるぐらいの一大企業に成長しているかもしれませんね。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.bocasbuccaneer.com/