banner

外資系はキャリアアップ制度が充実

日本企業では最近こそ、キャリアアップ制度や人材育成制度が整備されるようになりましたが、年功序列の体制や先輩から後輩へのOJTで技術が受け継がれるなどの文化が今も根付いています。
これに対し、自動車業界でも外資系においてはキャリアアップ制度が充実しており、日本とは異なるアプローチからのキャリア形成が可能です。
日本では学生の頃から、自ら考えずともレールが引かれて、それに向かって頑張るといったスタイルが主流ですが、外資系では自らなりたい自分や将来の活躍をイメージして、目標を立て計画を立てていきます。
もちろん、自分一人で達成するのではなく、計画を立てたキャリアについて上司からのアドバイスやカウンセリングが受けられます。
直属の上司と定期的に面談を行い、自らが掲げた中長期スパンのキャリアパスについて上司にプレゼンを行い、上司は本人の希望に近づけるようフィードバックやバックアップを行い、一緒にキャリアパスを描くサポートをしてくれます。
社内求人制度も整っており、転職をしなくても、社内で興味がある他部署で出した求人に応募し、選考に合格した場合には本人の意思を尊重して異動ができる制度があるなど画期的です。

参考サイトはコチラから

Copyright(c) 2012-2013 http://www.bocasbuccaneer.com/