banner

胃を大切にしよう。

胃腸はとてもデリケートな体の部分と言えます。
その訳はまず胃腸は強い人と弱い人がいると思われがちですが、それは誤解です。
たとえお金持ちの人が裕福なものを食べていたとしても体は壊しますし、文化の違いで日本ではあまり食べない食品を初めて食べても胃腸を痛めない例もあります。
では胃腸の主な原因は何かといわれると、一般的にストレスと言われている例が多いです。
確かにこれも原因の一つです。
ストレスが溜まると免疫力が低下をしてしまい、胃腸が通常に動かなくなるという原因があります。
又、もう一つの原因は胃を休ませることが出来ていないということも原因の一つになっています。
胃腸は休憩をしないと、免疫力を得ることはできませんし、胃腸は一回使用をした場合、その後胃腸を清掃をしないといけません。
そうしないと菌が溜まってしまい、胃痛の原因になってしまいます。
特に胃を痛めてしまうと、消化不良の原因になってしまい次に送られる腸に行くまでに残りの栄養素の吸収が行われない場合があります。
こうなってしまう場合はまず、よく噛んで食事を行う消化にいい食べ方を行うことが予防策になっています。
これでもまだ改善されない場合は漢方薬で治療をしましょう。http://xn--nfv72srrfctm.com/header02.html

Copyright(c) 2012-2013 http://www.bocasbuccaneer.com/