banner

ビットコインの採掘というのはどういう行為なのか

よく知られている仮想通貨といえばビットコインですが、これとあわせて語られることが多いのが採掘、あるいはマイニングと呼ばれる行為です。
この採掘を行うために専用のハードウェアを増設したり、巨大な計算センターを建築したりといったニュースがIT系ニュースサイトをみているとみかけることがあります。
実際に採掘というのはなにをしているのでしょうか。
これは実はビットコインを利用した取引のチェックを行っています。
複数の取引記録を集めたブロックを作り、それらをつなげていくのですが、つなげるために必要なキーコードは方程式を解けばすぐみつかるようなものではなく、総当りでしか見つけられないようになっています。
これは先着順で、見つけたコンピュータには報酬としてコインが送られます。
こうやってコインを得ることを採掘と言っているのです。
同時に、これは偽造通貨が発生しないような仕組みとして機能しています。
いきなり新しいビットコインを持ってますよといったところで、記録と矛盾していれば即バレます。
そこで記録を改ざんするわけですが、取引ブロックのデータが変わるのでキーコードも改ざんする必要があるわけです。
改ざんキーコードを探しているうちに次のブロックへのキーコードを他のコンピュータが見つけ別のブロックをつなげてしまえば、そちらも改ざんする必要が生じます。
世界中の採掘しているコンピュータの演算能力を相手にしてそれを上回る速度で改ざんしていかないといけないわけで、実質不可能というわけです。
まったくよく出来ていますね。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.bocasbuccaneer.com/