banner

日本の電力事情を第二電力が変えるときが

エネルギー資源に乏しい日本では、自然エネルギーの中でもとりわけ太陽光発電が普及することが、今後の重要課題だと思います。
そのためには、もっと太陽光発電を始めやすくなる環境を整えることが必要なのですが、値段が下がってきたとはいえ、まだまだ高価な初期費用を思うと、一向に増えないのも無理はありません。
依然として外国からの輸入資源による電力に頼る日本のエネルギー事情を変えるとしたら、それができるのは第二電力のような再生可能エネルギー促進事業を行っている会社ではないかと思います。
屋根や空いた土地を貸すだけで、貸し主に費用負担もメンテナンス費用もまったくかからずに太陽光発電ができるとしたら、やってみたいと思う人は多いでしょう。
しかも売電量の5パーセントが20年間にわたって支払われるとなれば、なおさらです。
日本中の家という家、空き地という空地が発電場所になったら、どれだけエネルギー事情が改善されるのか、ぜひとも知りたいと思います。
そのためには、第二電力のような会社がもっと世に知られるべきでしょう。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.bocasbuccaneer.com/