banner

白内障に気を付けよう

白内障は加齢により目の中の水晶体が濁って視力が低下します。
徐々に進行するために、高齢者の中には目が見えなくなるのは仕方ないものと思い込んで手遅れになる場合があります。
外に出た時などに、まぶしそうにしている高齢者などは、一度眼科で検査をしてもらうと良いと思います。
初期の時には、まだ点眼薬で白内障の進行を遅らせることができます。
なるべくならこの段階でみつかると良いのです。
ただ、点眼薬で完治することはなく、徐々に症状は進行していきます。
今は、白内障の手術はとても簡単にできるようになりました。
以前は、一週間の入院を要したこともありましたが、現在では、目の中に入れるレンズの性能が良くなっていますので、日帰りで手術が可能になりました。
右目を手術して、一週間後に左目を手術しても何の問題もありません。
嘘のようにきれいに見えるようになりますので、手術後に鏡を見て、自分の顔のしみに驚かされたという笑い話のようなこともおきるようです。
眼が良くなることで、掃除をよくするようになったという話はよくききますし、今まで、ころびそうで怖くて、家の外に出たがらなかった人も、手術をすることで自信が付き、人生に前向きに取り組めるようになるということです。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.bocasbuccaneer.com/