banner

就職に必須の簿記検定を受ける

商業科の学校を出ているなら、確実に知っている簿記。
イメージとしては、経理や商業の仕事に就くなら必須の専門的な知識と言えます。
元の意味合いとしては帳簿記入といいます。
帳簿を付けるための必要な知識をこの資格を得ることで身につけることができます。
しかし、帳簿がつけれるようになってもその意味が分からなくては何にもなりません。
大切なのは帳簿を読み、理解することができるようになるという点です。
例えば、今は投資がブームになっています。
少額からでも株を買ったり、投資をしたりすることができます。
そのため、各会社のホームページには必ずと言っていいほど、財務諸表が添付され
ています。
つまり、その会社の業績の移り変わりや、経済状況を読み取れるようにしてあると
いうことです。
もしこの資格を持っていて、それを読み取る力をすでに身につけているとしたら、
その会社が信頼に値するかどうか、投資の対象となり得るかを見極める事が可能
です。
日商簿記の資格は1-3級となっています。
3級で、基礎を学び2,1級になると専門的な応用、実践コースとなります。
この資格があるとないとでは相手の会社からの見る目が違います。
かなり就職時に影響力のある資格であると言えます。

Copyright(c) http://www.bocasbuccaneer.com/?boc=3